メインイメージ

スチールプランテックとは スチールプランテックとは 企業理念 / 沿革

COMPANY IDEA

企業理念

私たちが長年培ってきた最高水準の製鉄エンジニアリング力とプラントテクノロジーを結集させ、新技術を創造すること。
そして、私たちの技術を通してお客様にさまざまな価値を提供することで、
世界の鉄鋼業や地域社会の発展、地球環境の保全に貢献してまいります。

スチールプランテック 理念イメージ
スチールプランテック 理念イメージ

CHALLENGING-READY

私たちは、困難に立ち向かう英知とエネルギーを尊重し、最高の能力を発揮すべくチャレンジし続けます。

PARTNER

私たちは、最高のパートナーであるお客様とともに最善の結果を出し、満足を享受します。

GLOBAL OPERATIONS

私たちは、ヒューマンリソースとさまざまなテクノロジーの融合による創造性を基盤にした、グローバルな事業活動を展開します。

機械写真 機械写真

HISTORY

沿革

大手4社の高水準の技術を集結・統合

世界最高水準にあると言われる日本の製鉄技術。製鉄プラントメーカーは、製鉄会社へ生産設備を提供し技術的なサポートをさまざまな形で行ってきました。1990年代、製鉄プラント市場は激しい環境変化を迎え、業界の再編が進展。競合となるヨーロッパの大手製鉄プラントメーカーは国境を越えた合従連衡を加速させ、国際競争力をいちだんと強化・拡充しています。
世界に誇る日本の製鉄プラント技術が市場環境の変化によって埋没することは、日本の産業界にとって大きな損失となる。そのような気運が高まる中、日本を代表する総合プラントメーカー4社(JFEエンジニアリング・住友重機械工業・日立造船・川崎重工業)が、それぞれが培ってきた高水準の製鉄プラント技術を集結・統合。2004年、このようにして誕生したのがスチールプランテックという会社です。

イメージ画像 イメージ画像

世界に誇る日本の製鉄プラント技術を継承

建築物から自動車、家電製品に至るまで、鉄は私たちの日常生活のいたるところに使われています。あらゆる産業に不可欠な鉄。品質の安定した各種鉄鋼製品の生産・供給は、社会において重要な使命だと言えます。スチールプランテックは、社会に必要な鉄をつくり出すためのプラント設備を供給し、産業社会を支える役割を担っています。
製鉄を取り巻く環境は、時代や社会の変化とともに大きく変わってきました。原料価格の高騰から環境対策、省エネルギー問題など、課題も山積しています。しかし、スチールプランテックは、「世界に誇る日本の製鉄プラント技術をさらに高め、発展させていく」使命感の下に統合された経緯からも、社会に対する大きな責任感があります。さまざまな課題にも積極的に取り組み、製鉄プラント技術の発展・革新に向けて果敢な挑戦を続けていきたいと考えています。

沿革の詳細はこちら(オフィシャルサイト)

WELFARE

福利厚生

くるみんマークを取得しました

イメージ画像 イメージ画像

当社は、子育てサポート企業の認定を受け、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しています。
同マークは、「次世代育成支援対策推進法」に基づき仕事と子育ての両立支援についての活動実績が認められた場合に取得できる、子育て支援に積極的に取組む企業の目印です。