メインイメージ

事業を知る 事業を知る 事業フロー

事業フローの流れ 事業フローの流れ
  1. 営業

    調査から契約締結まで、顧客の窓口となり活動

    国内外の市場や競合他社の動向などを調査し、受注活動を展開。顧客との窓口となって担当案件の条件交渉から契約の締結まで、他のプロジェクトメンバーと連携を取りながら幅広い業務を行っていきます。

  2. 見積り

    各工程の内容を把握し、適性なコストを算出

    機械からエンジニアリング、輸送、工事の各費用など、製鉄プラントにかかるコストの算出を行います。適正なコストの算出をするためには、プラント各工程の内容を的確に把握することが求められます。

  3. 設計

    プラントの諸元・仕様を決め、個々の図面を作成

    プラントの製品計画に基づき(1)基本設計(各工程の諸元・機器仕様を決めて設計を展開)→(2)詳細設計(基本設計をベースに製作図面・材料仕様書を作成)を行います。設備機器の設計を担当する機械設計、制御系設計を担当する電気設計があります。

  4. 調達

    ざまざまな観点から判断し、最適な発注先を選択

    プラントに必要な資材機材から製作、工事の発注を行います。国内外を問わずコストや品質、技術など、多角的な側面から選択・判断し、最適な発注先を選択する必要があります。

  5. プロジェクト管理

    計画から納品まで、プロジェクト全体を統括・管理

    プロジェクトの計画から予算、工期、品質面の管理、遂行、納品まで、プロジェクト全体をとりまとめ推進していきます。特にプロジェクトマネージャーは、豊富な経験と専門的かつ広範な知識・ノウハウが要求されます。