_11

転炉

転炉設備を核とした製鋼プラントは、1960年以降、130基以上を納入してきたスチールプランテックの主力商品です。機械攪拌式脱硫設備(KR)や転炉設備、排ガス処理設備(OG)、二次精錬設備(RH・LF)といった製鋼プラントを構成する機器を提供するだけでなく、プラント全体のコーディネートをします。OGは、高い安全性に加えて環境への負荷が小さく、さらに省エネの効果もあるため、高い評価を受けています。

ニュース一覧へ

2013年11月5日
韓国・現代製鉄 唐津製鉄所向け 新製鋼工場(Ⅲ期工事) ホットラン

ソリューション

生産コスト削減

これまでの数多くの製鋼プラントを建設してきた知見を活かし、最適なレイアウトを提案します。原料や溶鋼鍋のハンドリングを最適化するとともに、製鋼プロセスには最先端の技術を取り入れているため、生産性を向上させ、原単位や操業コストを抑えられます。豊富な経験に基づく技術は、グリーンフィールドのみならず、既存工場の改造再開発を伴うブラウンフィールドにおいても威力を発揮します。

生産量拡大

転炉設備の容量は60~330tと幅広い実績があります。炉体は二点支持方式を採用し、必要部分を冷却しています。また、炉底交換が可能であり、炉修期間を短縮することができます。炉体傾動装置、ランス設備、サブランス設備、二次集塵設備、合金搬送・投入設備、鍋搬送台車、鍋補修装置、転炉レンガ積機などの補機と合わせ、最強の製鋼工場を実現します。

カスタマイズ

熟練指導員は世界各地での製作管理に精通しており、納期・品質を確保します。各建設サイトにあった効率的な据付工事指導、試運転の管理を通して操業開始後の速やかな生産量確保が達成されます。

納入実績

since 1960 20 プラント(転炉 120基以上)

現代製鉄 / 唐津製鉄所 2製鋼(3期工事) 2013年

2010年に完工した1製鋼(1・2期工事)に続くリピートオーダー。

ニュース2013年11月5日
韓国・現代製鉄 唐津製鉄所向け 新製鋼工場(Ⅲ期工事) ホットラン

代表的な実績

納入先 容量 稼動年
  • アジア・オセアニア
  • Formosa Ha Tinh Steel ベトナム 300t×3基 2015稼動予定
  • 現代製鉄 / 唐津製鉄所 韓国 300t×2基(2製鋼) 2013
  • 現代製鉄 / 唐津製鉄所 韓国 300t×3基(1製鋼) 2010
  • POSCO / 浦項製鉄所 韓国 300t(2製鋼脱燐炉) 2007
  • 上海第一鋼鉄(宝鋼集団) 中国 160t×2基 2004
  • 新日鐵住金 / 和歌山製鉄所 日本 210t×3基 1999

技術情報

炉体二点支持方式

  1. 駆動側と非駆動側のトラニオンシャフト上方の二点で炉体を支持するシンプルな構造。
  2. 全ての軸方向荷重をトラニオンリング上の二点で受け、炉体の不平衡モーメントを下部ブラケットが支える構造となっています。本方式の採用により、トラニオンシャフトは炉体の経年変形の影響を一切受けず、メンテナンスフリー化が実現しました。
  3. 1969年の開発・実機化以降、本方式は当社製の全ての転炉に採用され、長年に渡って顧客に満足を頂いています。