_05

焼結設備 – 水封式円形クーラ

粉鉱石を焼結して塊にし、高炉へ入れる焼結鉱を冷却する焼結設備。焼結設備は大きく分けると原料混合、焼結機、冷却機、篩分機から構成されていますが、そのなかの冷却機を通常のラバー式エアシールを採用せずに水封型に改良したものが、この製品です。

ニュース一覧へ

2018年1月29日
国内初・焼結鉱冷却用水封式円形クーラーを納入

ソリューション

生産コスト削減

  • 5 %以下

    漏風率

  • 30 %低減

    冷却ファン動力

水封式エアシールを採用しているため、漏風を大幅に減らすことが可能です。
これにより、焼結冷却のための風量を従来の2/3まで低減することができ、結果的にランニングコストを低く抑えることが可能となります。

環境負荷軽減

トラフにエアチャンバ(水撃防止装置)が組み込まれているので、ダストの発生を大幅に抑えます。
これによって、クリーンな環境を維持することができます。

納入実績

since 1996 3

納入先 容量 稼動年
  • アジア・オセアニア
  • 中国鋼鐵 (CSC) 台湾 315㎡ 2009
  • Bhilai Steel Plant (SAIL) インド 315㎡ 1998
  • 中国鋼鐵 (CSC) 台湾 315㎡ 1996

技術情報

新型水封式冷却の特長

水封冷却型の性能比較