当社では、幅広い製鉄プロセスに対応する製品をラインナップしています。技術開発に果敢に挑み、省エネルギー化や自動化、高耐久化といった時代に求められる新たなソリューションを世界各地で創出しています。

先進技術 PICK UP

AI、IoT 技術を活用した
「Sシリーズ」を開発

2019年にスマートプロダクツ開発部が新たに発足し、最先端技術を応用した新製品“Sシリーズ”の開発がスタートしました。スマートプロダクツとは、AIやIoT技術を活用して既存商品の「モノ」と「サービス」の付加価値を高めた商品のことです。ロボットを活用した工場の安全・省力化、画像処理応用による省力化・制御の高度化、AI・ビッグデータ解析を適用した品質向上の実現などを目的として、さまざまな分野で開発が進められています。

  • 当社が開発した“Sシリーズ”測温サンプリングロボット「Spco-ROBO KNIGHT」のプロモーション動画です。

「ECOARC™」の中国での
普及拡大を推進

近年、中国では環境問題および CO2排出削減という観点から電気炉への関心が高まっています。そこで、当社は中国の製鉄会社と環境対応型高効率アーク炉 「ECOARC™」を導入する契約を締結しました。激しい国際入札の結果、本設備の高効率なスクラップ予熱システムなどさまざまな先進技術が高く評価されたのです。現在、このプロジェクトは順調に進行しており、中国における「ECOARC™」 第一号機として注目を集めています。

「ECOARC™」
  • 従来型の「ECOARC™」の特性を維持しつつ、既設工場の改造を前提として開発された環境対応型高効率アーク炉「 ECOARC light™」の完成までを追ったプロモーション映像です。

世界に広がるスチールプランテックの技術

製鉄プラントエンジニアリングメーカーとして世界を牽引するスチールプランテック。その最大の武器は、当社の母体である総合プラントメーカー4社が半世紀以上にわたって培ってきた高い技術力です。これまで多くの製品を世界中に送り出す中、当社の代表的な製品「テンションレベラ」は1964年に第1号機を受注して以来200台以上の納入実績を持ち、そのうち海外向けが70%を占めています。また、転炉排ガスを安全に処理する「OG設備」は、1962年に当社(川崎重工業)が大手鉄鋼メーカーと共同で開発した純国産の製品です。その納入実績は190基以上。国内でのシェア率は100%を達成するなど、当社の技術力は国内外問わず高い評価を得ています。

OG設備
画像:OG設備
193基
(国内86基・海外107基)
国内稼働シェア100%
転炉設備
画像:転炉設備
130基
(国内111基・海外19基)
テンションレベラ
画像:テンションレベラ
208台
(国内124台・海外84台)
連続鋳造機
画像:連続鋳造機
253基
(国内179基・海外74基)
  • 2021年2月現在

製品一覧 PRODUCTS

製銑

画像:製銑

当社が提供する製銑および関連分野の装置・設備は、生産コストの削減や環境負荷の軽減に貢献。国内外から幅広い支持を獲得しています。

製鋼(転炉)

画像:製鋼(転炉)

高度な技術力と豊かな経験に基づき、転炉設備をはじめとする各種設備の供給やエンジニアリングを提供しています。中でも排ガス処理装置は、その安全性や環境負荷軽減、省エネルギー効果で高い評価を得ています。

製鋼(電炉)

画像:製鋼(電炉)

電気炉は当社がJFEエンジニアリング(旧NKK)より継承した主力商品の一つです。長年にわたり培ってきた豊富な経験が、電気炉とその付帯設備だけでなく、広範囲にわたる冶金・操業技術の提供も可能にしています。

連続鋳造

画像:連続鋳造

当社の連続鋳造設備は、冶金的知見と機械・制御の技術を結集した設備です。顧客の高いレベルの要望に応えるために、最先端の技術開発に取り組んでいます。

条鋼圧延

画像:条鋼圧延

生産効率や製品精度などに対する厳しい要求に対応。あらゆる製鉄工場の形態において高品質かつ高精度の圧延設備を納入してきた実績を持ちます。

板圧延

画像:板圧延

革新的な独自技術を搭載した厚板レベラ、冷間圧延機、厚板剪断機を提案し、顧客のコスト削減と高品質製品の製造を実現しています。

薄板プロセス

画像:薄板プロセス

世界屈指の高い技術力と豊富な実績に基づき、顧客のニーズにマッチしたプロセスライン設備を供給しています。省スペース化や低コストを実現するなど、高い品質レベルを誇ります。